高田賢三は結婚&子供はいるのか?なぜ破産?理由&現在は?

こんにちは!YOUです!

高田賢三さんと言えば日本を代表するファションデザイナーです。「KENZO」の創設者として、世界中の様々な賞を独り占めしてきた伝説的なデザイナーです。

しかし、そんな成功だらけに見える高田賢三さんの人生ですが、自己破産など様々な苦難を乗り越えてきています。そもそも高田賢三さんは結婚しているのでしょうか?気になります。

ということで、今回は高田賢三さんは結婚&子供はいるかなどを中心に高田賢三さんの現在に迫ります。

Sponsored Link

 

高田賢三は結婚しているのか?子供はいるの?

結論からいうと高田賢三さんは結婚をしていません。また、子供もいません。

ただ、高田賢三さんにはKENZOを立ち上げる時からの公私とものパートナーの存在があったようです。そのパートナーの名前がグザビエ・ドゥ・カステラで、そのパートナーは男性です。

どうやら高田賢三さんはその男性との間に恋愛感情や信頼があったようです。

グザビエ氏は建築学を学んでいたようで、高田賢三さんと美意識が一致し、2人の間に愛情がうまれるまでそこまで時間はかからなかったようです。

グザビエ氏は高田賢三さんの家族のように私的なパートナーでもあり、KENZOブランド立ち上げを手伝うためにアドバイスや資金支援など幅広く行い、KENZOブランドを高田賢三さんとともに育て上げたまさに高田賢三さんのパートナー的存在。

また、パタンナーとして近藤淳子さんという女性も高田賢三さんを支援しますが、近藤淳子さんとの恋愛はなかったようです。

ということで、結婚はしておらずカップルのような関係にはありましたが、高田賢三さんには子供はいなかったみたいです。

では、なぜ順風満帆だった高田賢三さんのKENZOブランドを手放すことになったのでしょうか?

Sponsored Link

 

なぜ高田賢三は自己破産したのかの理由!現在は?

順風満帆だったKENZOブランドですが、高田賢三さんの公私のパートナーのグザビエ氏を1990年に亡くし、翌年の1991年にはパタンナーであった近藤淳子さんが脳梗塞で倒れます。

KENZOブランドの柱的存在だった2人がいなくなることでKENZOブランドは徐々に経営がうまくいかなくなり、結果的には株式売却となってしまいます。

また、2004年に立ち上げた「五感工房」という新たなブランドは2006年に「タカダ」にブランド名を変更するなどしましたが、2007年に資金繰りなどがうまくいかず倒産します。

結果的には高田賢三さんの邸宅などを売却するなどパートナーの死から長く苦しい時期が続きます。

ここでやはり気になるのが現在高田賢三さんは何をしているかですが、明確な情報が全くありません。

おそらく、超絶的なデザインの才能がありますので、ファッション界などで再度登場する可能性が十分あります!

しかし、今のところ高田賢三さんに目立った動きはあまりないようで、今後の高田賢三さんの動向に注目が向けられています。

 

まとめ

ここまで高田賢三さんの壮絶な人生をまとめてきましたが、個人的にはもう一度高田賢三さんはファション界に突如登場するような気がします!

世界に名を轟かせたKENZOブランドを立ち上げた人なので、間違いなく今後も必ず何かするはずです!

とにかく今後の高田賢三さんに注目ですね!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA