あなたも明日から楽々実践できる!二度寝をせずに1回ですっきり起きる方法

こんにちは!YOUです!

会社や学校で疲れてしまい、ついつい二度寝をしてしまった経験ってありませんか?二度寝どころか三度寝、四度寝までいってしまったことがあるなんて人も非常に多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は大きな努力をしなくても翌朝1回ですっきり起きられる方法について伝授したいと思います!

 

Sponsored Link

翌朝の二度寝は前日の夜で決まる?

「二度寝をしないために重要なことは根気である!」なんて考える人も非常に多いと思います。しかし、二度寝対策のために本当に必要なことは根気ではなく、前日の夜の準備です。

具体的には前日の夜に次の日のやることリストを作成することです!

前日の夜に、翌日やらなくてはならないことを3個から4個程度リストアップします。そして、それらを紙などに書いて起きてすぐに見える場所に貼る、または置いておきます。

起きてすぐにこのやることリストを見ることで、「今日も1日やることがたくさんあるな」「今から起きてやれば時間に余裕をもって1日過ごせそうだな」といったように起きるための動機づくりを行うことで二度寝を自然と防ぎます。

 

Sponsored Link

やることリストの注意点

やることリストを作成し、起きてすぐ見えるところに置いておくということも重要視しなくてはなりませんが、最も注意を払うべきことはやることリストの内容です。

時々、やることリストに『次の会議のための資料づくり』や『来週のテストのための勉強』といったようにとても労力と時間が必要なことをリストに書く人がいます。しかし、そのようなリストの内容はかえって逆効果を与え、二度寝を助長してしまう可能性があります。

理由としては労力や時間を必要とすることは人間誰しも嫌いですから、それらから逃避をするために睡眠を選択してしまうからです。そのため、絶対にハードルが高い内容をやることリストに書いてはいけません!

では、どのようなリストの内容なら良いのでしょうか?

 

リストの内容は超低レベルでOK!

リストの内容は超低レベルで大丈夫です!具体的には『起きたらすぐに顔を洗う』『カーテンを開ける』なんかで良いです。できるだけ簡単にしましょう!そうすることで、「これくらいならやっとくか」という気持ちを起こさせ、行動します。そして、1度行動してしまえば脳と体は日中モードに入るので自然と眠くなくなります!

 

リストはスマホでも大丈夫?

やることリストを作成するに当たってスマホのメモ機能を使ってリストを作成しようと考える人もいると思います。しかし、そのやり方はおススメできません。なぜなら、スマホのメモ機能を開くこと自体が非常に労力が必要だからです。

紙などに書いておけば目を開けば見ることができます。しかし、スマホにリストを作成すると

①スマホを探す

②スマホを開く

③リストを見る

と非常に余計な過程が含まれます。先ほども書いたように人間は面倒なことから逃避する癖があるため、スマホにリストを作成することはあまり良いとは言えません。

もし、スマホをどうしても活用したい場合はスマホのロック画面にリストが表示されるようにアプリなどを活用しましょう。(ロック画面メモ:https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%83%A1%E3%83%A2-%E5%A3%81%E7%B4%99%E4%BD%9C%E6%88%90/id896419388?mt=8)

 

まとめ

最初にも書きましたが二度寝対策で必要なことは根気ではなく、前日の小さな努力です。そして、この小さな努力を重ねることで自然と二度寝しない体へと変化をしてきます。「二度寝癖をどうしてもなおしたい!」「二度寝をしたくない!」という人はまずは今日の夜からやることリストを作成してみましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA