平尾奎太(HONDA鈴鹿)の出身大学&高校はどこ?ドラフト2018

こんにちは!YOUです!

今年もこの時期がやってきましたね!ドラフト会議!

指名された選手の喜びと指名されなかった選手の悲しみが混ざり合う異様な数時間。人生を野球にかけてきた選手達の努力や感動の秘話も明かされるため涙なしでは見られない番組です!

そのドラフト会議に関連して放送されるのが「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」という親と共に大きな試練に立ち向かってきた選手にスポットを当てる番組。

今年はHONDA鈴鹿所属の平尾奎太選手が取り上げられます。

といことで平尾奎太選手の出身高校と中学についてまとめたいと思います。

Sponsored Link

 

平尾奎太のプロフィール

名前:平尾奎太

なまえ:ひらおけいた

生年月日:1994年6月21日

年齢:24歳(2018年10月時点)

身長:188cm

体重:90kg

出身地:大阪府

所属:HONDA鈴鹿

現在、社会人としてHONDA鈴鹿に所属する平尾奎太選手は24歳投手です。

小学2年生から野球を始め、地元のクラブチームに所属し、大阪府大会を優勝。近畿大会を準優勝するなど野球を初めていきなり才能が開花します。

その後も中学校では軟式野球をやりますが、大阪府大会で4強入りを果たすなど常に好成績を残してきました。

しかし、高校生2年生の秋に国の難病とされている「IGA腎症」という病気を発症。

医師からは野球を続けることができるかわからないとまで言われた平尾奎太選手ですが、闘病をしながらも野球を続けてきました。

では、そんな平尾奎太選手どこの高校&大学の出身なのでしょうか?

Sponsored Link

 

平尾奎太の出身高校はどこ?

平尾奎太選手の出身高校は高校野球の名門である大阪桐蔭高校です!

ただ、平尾奎太選手は現在の阪神藤浪晋太郎投手、オリックス沢田圭佑投手と同級生で3番手でした。

平尾奎太選手は高校2年生の秋に背番号18番をつけてベンチ入りを果たすはずでしたが、「IGA腎症」を発症。

完治のために安静にすることと二度と野球ができない可能性があることを告げられた平尾奎太選手でしたが医師と母親に懇願し、投薬をしながら野球をし続けます。

その結果、平尾奎太選手は高校3年生の時に背番号11をつけてベンチ入りし、春夏連覇を達成しました。

では、高校を卒業した後平尾奎太選手はどこの大学で野球を続けたのでしょうか?

 

平尾奎太の出身大学はどこ?

平尾奎太選手の出身大学は同志社大学です。

同志社大学に入学後も難病「IGA腎症」は患っており、入学当から2年間は苦しい闘病生活で野球を満足にすることはできなかったようです。

ただ、3年生の時に「IGA腎症」が完治し、同志社大学の投手として登板し、関西学生リーグで通算8勝という好成績を残します。

また、4年の秋のリーグ戦では4勝し、ベストナインにも選ばれています。

 

まとめ

ここまで平尾奎太選手の出身大学&高校をまとめてきましたが、平尾奎太選手の野球にかける情熱は凄まじいものです。

人生を全て野球に注いできた野球選手であることは間違いないです!

だからこそ、平尾奎太選手を応援したくなりますし、平尾奎太選手のプレーは人を感動させることができるのだと思います。

 

平尾奎太選手の病気&父親、ドラフトでの指名の可能性ついてまとめた記事はこちらです↓ ぜひ読んでみてください。

平尾奎太投手の腎臓の病気とは?父も野球選手?ドラフトで指名か?

中川圭太選手の出身学校(大学、高校、中学)についてまとめた記事はこちらです↓ ぜひ読んでみてください。

中川圭太(PL高校監督兼主将)の出身大学&中学はどこ?ドラフト2018
Sponsored Link

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA