これでもう大丈夫!もう二度と電車に乗り遅れたくない人のための時間管理術

こんにちは!YOUです!

みなさんは普段予定通りの電車に乗れていますか?意外と「必ず決めた時間の電車に乗れている!」という人は少ないのではないでしょうか?

「玄関を開けたら想定外の天気だった」「信号が赤ばっかりだった」など様々な原因で乗り遅れてしまうことがあると思います。

そこで、今回はそのような出来事が起きても電車に乗り遅れない方法をレクチャーします!

Sponsored Link

そもそも乗り遅れる理由はなぜ?

電車に乗り遅れる理由は人それぞれだと思いますが、乗り遅れる人は共通して「時間に余裕を持たせていない」ことが挙げられます。「外は雨が降っているかもしれない」「信号が全部赤かもしれない」など想定外の出来事が起こる可能性をあまり考慮していないのです。そのために、少しでも自分の想像、予定と狂うと時間的な余裕がないために電車に乗り遅れてしまうのです。

では、どのような対策を取れば電車に乗り遅れなくなるでしょうか。

 

電車に乗り遅れないための時間管理術 ~思い込み活用法~

 電車に乗り遅れない方法の1つとして自分自身を騙す方法があります。電車に乗り遅れる人の共通点として「時間的な余裕を持たせない」ということがあるため、この方法では時間的な余裕を強制的に作ります。

 やり方はとても簡単で必要なものは時計だけです!

  1. 電車の時間を決めたらそれと同時に時計を腕につけます
  2. 余裕を持たせたい時間分だけ時計を正規の時間より早めます
  3. あとはいつも通り準備するだけ!

この3つを行うだけで自分の時間だけが正規の時間より進んでいることをいつしか忘れ、自然と電車に乗り遅れることはなくなります。

しかし、この方法を知ったところで本当に自分自身が時間のずれの思い込みにかかるか疑う人も多いと思います。そこで、思い込みにかかりやすくするためのコツを紹介します!

 

Sponsored Link

時間のずれの思い込みにかかりやすくするコツは?

  1. 時間を極端にずらさないこと
  2. できるだけ腕時計で時間を確認すること

の2つです。

時間を1時間などと極端にずらしてしまうとさすがに時間感覚に違和感を感じ、自分自身に時間のずれの思い込みがかからなくなります。なので、10分や20分など時間が早まっていることを気づかないくらいの時間を自分で見つけてみましょう!ちなみに私は約10分です。

そして、2つ目のコツですが、せっかく時間のずれを思い込ませたのに、腕時計以外の時計を確認してしまっては正規の時間がわかってしまい、思い込みの意味がなくなってしまいます。また、どちらが正規の時間か困惑もしてしまいます。なので、腕時計の時間をずらしたら、ほかの時計は極力見ないように心がけましょう!

 

まとめ

 今回は電車に乗り遅れないための手法を紹介しましたが、紹介したものが最適かどうかは各々で変わってきます。スマホのアプリを使うことが最適だという人ももちろんいると思います。結果的にはその人にとって最適な手法を選ぶことが良いですが、もしその手法が思いつかなければぜひ今回紹介した手法を試してみてください!

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA