甲子園決勝でコールドゲームはあるの?11点差の金足農業vs大阪桐蔭戦!

こんにちは!YOUです!

今年の第100回の全国高校野球は皆さん楽しんでますか?

決勝は金足農業対大阪桐蔭ということで、公立高校対私立高校というおもしろい決勝になりました!

そして、現在決勝戦を行っていますが、大阪桐蔭が圧倒的な力で金足農業をねじ伏せる展開になっています。

点差も大きく離れ、ここまでくるとコールドゲームが成立してしまうのか心配になります。

そこで、甲子園でコールドゲームは成立するのかを調査しました!

 

Sponsored Link

甲子園でコールドゲームはあるのか?

第100会全国高校野球決勝の大阪桐蔭対金足農業ですが、大阪桐蔭が点を取りまくっています。

ここで気になるのが甲子園でコールドゲームはあるのかということですが、甲子園でコールドゲームはありません!!

甲子園と地方大会決勝ではコールドゲームは行わないようです。

今までも甲子園や地方大会決勝では点差があまりにも離れすぎてしまったゲームは幾つもありますが、必ずすべて9回まで行います!

理由は詳しく表されていませんが、高校生が学生時代をかけてやってきた野球でコールドゲームはあまりにも高校生に心理的ショックを与えてしまう可能性があるため、コールドゲームは成立しないようになっている可能性が高いです。

また、甲子園は金属バッドを用いたり、ルールがプロと大きく異なるところもあり、プロ以上に最後まで試合の結果がわからないため、最後まで試合を行うということも考えられます。

実際に、9回から大きく点差をひっくり返して勝った高校は今まで相当数存在します。

とにかく、甲子園ではコールドゲームは成立しません!!

最後まで高校生の熱き戦いを見ることができます!

まだまだ、金足農業対大阪桐蔭戦もどうなるかわかりません。

最後まで頑張れ!金足農業!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA